information お知らせ

2022.03.30

【物流ニュース】上海ロックダウンに伴う物流状況

上海市で3月28日より開始されたロックダウンで国際物流への大きな影響が懸念されていましたが、3月29日現在で大きな混乱は発生していません。

上海港は通常通り稼働しており、本船もスケジュール通りに運航されています。

一方、陸側の輸送が停滞しており、今後の輸出入貨物の船積みと引き取りに影響が出ることが予想されます。

4月1日まで封鎖が決まっている浦東地区では、倉庫の多くが閉鎖されているようです。

現在市外から上海港への輸出コンテナ貨物の搬入も可能ですが、工場バンニングのFCLに限定されているようです。

航空輸送では日本―上海間の貨物便で欠航が相次ぐほか、郊外から空港エリアへの搬入ができない状況が発生しています。

 

 

お問い合わせ